「スポンサードリンク」

 

 

 

儲かる仕事を求めて田舎暮らし格安物件の激安古民家賃貸で田舎一人暮らし

儲かる仕事 副業 // 儲かる仕事 起業

月曜日

起業した不動産の仕事で失敗して一人で田舎暮らし

不動産で儲かる仕事は真似をしたら失敗する

ここ数年間は千葉県の外房方面の不動産の仕事一攫千金で儲けた話は聞こえてこないが、10年ぐらい前までは千葉県の外房方面の田舎のぼろぼろの中古住宅を激安価格で買取って、内装外装のリフォームを施して、買取価格の数倍の価格で売却し、ぼろ儲けをした不動産の仕事を自慢している話を良く聞いたものだ。
儲かる仕事はなんでもそうだが、耳に入った時はもう遅い。
そのことは良く分かっていたのだが、どうしても千葉県の外房方面の不動産売買で一攫千金にあずかりたくて、15年前に長生村で不動産売買の仕事を始めた。
2~3年は、仲介手数料の収入でなんとか暮らしはできたが、どうしても一攫千金の儲けをしてみたくなり、手持ち資金の3,000万円を全てなげうって長生村で売りに出ていた中古住宅を3軒買取った。
当然、内装外装のリフォームを施して売却するのであるから、せいぜい一割程度の利益を想定していたのだが、それでも売却価格が高すぎるのか、全く問合せも無く、とうとう5年間も経過してしまい、格安価格に値下げしてもままならず、ついにその内の2軒は激安価格で叩き売ってしまった。
そして現在のこういう暮らしもありうる事を想定して、一軒の物件を売り残しておいたのだが、その想定は仕事で大失敗をした割にはまあまあの良き想定となりつつある。
現在のこういう暮らしとは、配偶者から借りた3,000万円が原因で東金市の自宅を追い出され、売れ残った長生村の物件で気楽にしている田舎一人暮らし。
長生村はほとんどが田んぼと言っても言い過ぎでないほど田んぼが多く、きれいで雄大な太平洋から昇る朝日は圧巻で、夕焼けもきれいで、近所の御殿の奥さんもきれいだし、やさしく労わってくれるし、たまにきれいな女性が運転する黄色いスポーツカーに出遭ったりで、仕事に失敗した高齢者の田舎一人暮らしにはもったいないような綺麗・きれいな村です。
今の一人暮らしの物件を3,000万円で購入したとしても、それ以上の恩恵をもたらしてくれる村だと言っても過言ではないでしょう。

梅に鶯ならぬ梅にメジロ

0 件のコメント:

コメントを投稿