田舎一人暮らしで究極の儲かる仕事とは


「スポンサーリンク」



 

儲かる仕事を求めて田舎暮らし格安物件の激安古民家賃貸で田舎一人暮らし

儲かる仕事 副業 // 儲かる仕事 起業

火曜日

田舎暮らしで儲かる仕事 : 竹林の徹底活用法

竹林徹底活用法は在宅の副業でお金を稼ぐ儲かる仕事と言える

田舎暮らしで儲かる仕事として竹林の徹底活用法に、お金を稼ぐ儲かる仕事がいっぱい埋もれている
竹林の徹底活用法にはいろいろあるのだが、現在のところ、竹林の徹底活用法は農家などが自営の農業や酪農などで利用している。
竹林の徹底活用法をお金を稼ぐ儲かる仕事として実践している企業はまだまばらである。
それは、日本では竹林は筍が出て来る所ぐらいの認識しかなく、未だに厄介者扱いで、暇さえあれば竹林を伐採している農村が多い。
その様は、竹林は竹という大事な資源が毎年ニョキニョキ生えてくる宝の山だという事を知らない人たちの無駄でもったいない所業である。
竹林の徹底活用法には田舎暮らしで、儲かる仕事という昔話のかぐや姫の様な夢を与えてくれる、魔法がいっぱい詰まっていると思う。
最近は、竹林の徹底活用法についてのブック(本)も発刊されているようだし、竹林についての認識も新たになることだろう。
そうなることにより、竹林の徹底活用法でお金を稼ぐ儲かる仕事がいっぱい発案される時代も目前に迫っている。

田舎暮らしで儲かる仕事とは

田舎暮らしで無ければ出来ない儲かる仕事に注目

本当の田舎暮らしで儲かる仕事とはについて考えてみた。
よく文化人や芸能人たちがテレビで持て囃されている田舎暮らしは、田舎暮らしをやりながら絵を描くとか、田舎暮らしをやりながらエッセイや小説を書くとか、田舎暮らしをやりながら作詞作曲をするとか、別に都会にいても出来る事柄ばかりで、これらの仕事を田舎暮らしをやりながら儲かる仕事をしたとは言わない。
都会でやっても儲かる仕事を、田舎暮らしで儲かる仕事とは言えない。
何故なら、都会でやっても儲かる仕事とは、儲けたい仕事なのだから、わざわざ不便な田舎まで来てやるよりも、便利な都会でやった方がよっぽど儲かるからである。
本当の田舎暮らしで儲かる仕事とは、田舎でなければ出来ない仕事で儲ける事を言う。
田舎暮らしで儲かる仕事とは、田舎の自然環境を十二分に利用して、田舎で無ければ出来ない仕事で儲ける事だと思う。

水曜日

田舎暮らしで儲かる仕事とは概念次第

田舎暮らしで儲かる仕事とは

田舎暮らしで儲かる仕事が出来るに越した事はないが、そんなに儲かる仕事があれば、日本中から人が集まり、田舎とは呼べない人口密度になってしまう。
田舎暮らしとは、人口密度が低く、仕事も少ないが、自然環境には恵まれた環境重視の生活スタイルである。
田舎暮らしで、儲かる仕事は存在するのか?
田舎暮らしで言う、儲かる仕事とは?
儲かると言う概念を変えてみれば、田舎暮らしでの儲かる仕事の内容が見えて来る。


田舎暮らしで儲かる仕事とは出費を抑えること

田舎暮らしで儲かる仕事とは

田舎暮らしで儲かる仕事とは出費を抑えることである。
田舎暮らしでは、必死で仕事を探してみても、良い仕事が見つからないこともある。
田舎に良い仕事がいっぱいあれば、人がいっぱい集まるので、田舎とは言えなくなる。
年金暮らしなど、毎月一定の収入がある場合には、儲かる仕事を必至で探すより、家庭菜園などの趣味を生かして、スーパーマーケットでの野菜の買い物を抑える等、出費を抑える取組が、重要な儲かる仕事となる場合がある。

ネムノキ

火曜日

田舎暮らしの一人暮らしは儲かる仕事と言える

田舎暮らしの一人暮らし / 儲かる 仕事

何故田舎暮らしの一人暮らしは儲かる仕事と言えるのか。
通常、田舎へ住み着けば自治会を根底にして、組があり、婦人会だの○○会だの色んな付合いが生じてくる。
その色んな付合いには、全て結構なお金が出て行く。
ところが、田舎で一人暮らしをしていると、良く村人から「引越して来られたんですか」と訊かれるが、その都度「いや、別荘なんですよ」と答える。
引越して来てないので、自治会とか組とか○○会への入会のお誘いは来ない。
これは、年間に換算すると、結構儲かる仕事と言える。
田舎の村人たちも別荘暮らしの人には余り関心を示さないので、毎日が気楽そのもの。
田舎で気楽な一人暮らしをしながら、出費を出さないが儲かる仕事をしている事になる。

田舎暮らしで儲かる仕事

儲かる 仕事 / 田舎暮らし 仕事 / 田舎 一人暮らし

最近、一人暮らしを田舎で始めた。
田舎には儲かる勤め先とか儲かる仕事は皆無に等しい。
生活資金は僅かな年金。
一人暮らしを始めて分かった事は、食費が結構バカに出来ない事。
仕事もしないで、こんなことでは毎月確実に食費が財布から出て行く。
儲かる仕事は無理だし、僅かな年金は減る一方だし、田舎暮らしも楽では無い。
そこで、あまり欲張らない儲かる仕事をする事にした。
その田舎の一人暮らしで儲かる仕事とは、家庭菜園。
ナスやキューリやスイカやトマトなどを作っているが、全て自分の一人暮らし用のおかずやスイーツ代わり。
出荷は一切しないのに、儲かる仕事とは言えないのではないかと皆は思う。
しかし、自分の財布のお金は、増えはしないものの、今までの様なペースで減りもしない。
スーパーでの野菜やスイーツの買物が減ったからだ。
自分の財布のお金が減らない事は、どこかで儲かっているからだ。
田舎暮らしをしながら家庭菜園を楽しむ事は儲かる仕事と言えそうだ。
この儲かる仕事は、田舎で一人暮らしをしながらスイカの雌花は咲いたかな、スイカは大きくなったかな、といった具合に毎日ワクワクさせてくれる仕事だ。
この儲かる仕事は、田舎で一人暮らしをしながら自分流の堆肥や液肥を作ったり、自分流の栽培法を考えたりで毎日ドキドキする仕事だ。
この儲かる仕事は、田舎で一人暮らしをしながら大事に育てた冬瓜が、思わぬことから前立腺の持病に有効な事が判明するなど、元気ハツラツになる仕事だ。

土曜日

儲かる仕事にするために努力する

この50年余り、与えられた仕事をいかに楽にこなすかが生きがいだった。
そして、仕事が楽に終わったら、儲かる仕事をしたなあと、充実感にしたる事が出来た。
主に、仕事を楽にするために使用したツールは、ここ20年余りはエクセル中心だった。
はっきり言って、エクセルなど使わないで、ソロバンでやった方が時間的には早く済んだ仕事が多かったが、一旦エクセルで作ったアプリケーションが完成すると、そのスピードと仕事が楽にこなせる満足感でいかに癒されたことか。
こうして、毎回儲かる仕事の醍醐味を味わってきたのだが、けっこう無駄な時間も費やした様に思える。
しかし、その無駄と思われる時間に、定時で退社した同僚や上司達は、夜の盛り場を飲み歩き、寿命を縮めて行った事を思えば、儲かる仕事一直線で現在の健康体があると思えば、本当に儲かったなあと思う今日この頃である。